読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Economist 日本語訳

Economistは英語学習に非常に役に立ちます。Economistの日本語訳サイトは少なく、または有料なものが多いので、自身の勉強のために、記事を翻訳することにしました。 現在英検1級、TOEICは930(2014)。乳飲み子ツインズ、幼児を1人抱えてますが、英語、極めれるよう努力するのみ。

中国のエリート寄宿学校 Apr 13th 2017


In a country where siblings are so rare, many see communal living as good for their offspring

一人っ子が大部分を占める国では、集団生活は子供のためになる多くの人が思う

CHINESE parents pride themselves on the importance they attach to education; it is, they say, the most important gift they can bestow on the next generation. That makes them all the more willing to shell out, if they can afford it, on expensive boarding schools which they believe will enable their children to concentrate fully on their studies. Poor families in the countryside pack their children off to board, too. But that is because they have no choice: daily commuting would be too expensive or arduous. In the cities, boarding schools are usually far grander. Attending them is more a badge of privilege than evidence of pragmatism.

中国人は教育重視であることを誇りに思っている。彼らがいうには、教育は次世代への一番重要ななプレゼント、ということだ。このため、可能であれば、彼らは進んで寄宿学校に金をはらう。寄宿学校では我が子たちが十分に勉強に集中できると彼らは信じているのだ。田舎の貧しい家庭も子供を下宿させる。しかしこれは選択肢が他にないからだ。通学はとてもお金がかかるか大変すぎるのだ。都会では寄宿学校は通常とても豪華である。このような寄宿学校に参加することは現実主義であることの証明というよりは特権の象徴なのである。


There is considerable demand for such urban schools. In many rich countries, parents often fret about sending their children away to board, partly because of the high cost and partly because these days many parents prefer to have their children with them. In China, by contrast, it is considered very normal for a couple to live apart from their child (they usually only have one). For urban boarders, the distance is seldom great: parents usually send their children to schools very close to where they live.
都会ではこのような寄宿学校の需要が非常に高い。多くの先進国では親はわが子たちを下宿させるをためらう。その理由として下宿にかかる高い費用、または子供をそばにおいておきたいという理由があげられる。対照的に中国では子供(通常一人っ子である)と離れて暮すことはきわめて普通である。都会では下宿先が遠いことはまれである、というのは通常、両親は子供たちを居住地の近くの寄宿学校におくりこむからだ。


Boarding school offers an alternative to foisting a child on grandparents, which parents often do, sometimes for days on end. It may be costly, but parents reckon that such schools can do more to help children study after class than the elders can at home. In a country where siblings are so rare, many also see communal living as good for their offspring. Some 3.5m children now board in cities, around 4% of the urban school population. The vast majority of them do so at high school (8% of secondary-school pupils board, compared with 1% of primary schoolers).
両親は、ともすれば何日も続けて子供を祖父母に押し付けるのだが、寄宿学校はそのかわりともなる。寄宿学校はお金がかかるかもしれない。しかし、祖父母が放課後子供たちの勉強をみるよりも、寄宿学校のほうがより子供の勉強にためになると考えるのだ。一人っ子が大部分をしめる国では、共同生活は子供のためとなる、と多くの人が考える。都会では約350万人もの子供が今下宿してる。これは都会の学生人数の約4%だ。そしてその大部分は高校製で下宿する(8パーセントは中学生で、1%は小学生で下宿)
foist;押し付ける
days on end:何日も続けて[やむことなく]


A few of the boarding schools court the country’s elite by offering to prepare children for admission to universities abroad (in China, foreign education is another much-desired symbol of privilege). The redbrick quadrangle of the recently built Keystone Academy in a suburb of Beijing resembles a boarding school in New England. The institution’s annual boarding fee of 360,000 yuan ($52,000) is higher than tuition at Harvard University.
いくつかの寄宿学校は海外の大学入学のための準備をオファーして中国のエリートを誘う。(同国では海外留学はまたひとつの望まれた特権のひとつなのだ)北京の郊外に最近建ったキーストーン・アカデミーの赤レンガの中庭を囲む形の建物はアメリカニューイングランドの寄宿学校にそっくりである。同寄宿学校の36万元という年間授業料はハーバード大学のそれより高い。
redbrick
quadrangle:四角形の


But the most expensive boarding schools may have had their heyday. Many parents with that much cash to spare would often prefer to send their children to board abroad: enrolments in American and British boarding schools are rising fast. Social trends are also changing. A wife who can afford not to work-and who has time to parent a child-is increasingly seen as someone who enjoys high status: traditional gender roles are making a comeback. In 2014 Yin Jianli, a popular author and former teacher, included an essay entitled “Boarding is a Bad System” in a book she wrote about education. It argued that if dorm-life really fostered the “sense of collectivism” that its proponents claim, then children from orphanages would score top marks. She said that mothers should be more involved in child-rearing.
しかし、もっとも高い寄宿学校はその絶頂期を終えたのかもしれない。そのような高い寄宿学校にお金を払うことができるような多くの親たちはえてして海外の寄宿学校にわが子たちをおくりこむ。アメリカやイギリスの寄宿学校への入学する子供の数が急速にふえてるのだ。社会動向も変わってきている。
働かなくてもよく、また子供の面倒をみることができる妻はますますハイステイタスであるようにみられるようになってきた。伝統的な男女の役割分担が戻ってきているのだ。2014年、人気作家で元教師のイン・ジアンリ氏は教育についての自著本で”下宿は悪しきシステム”というエッセイを載せた。もし寮生活がもしその支持者がいうように集団主義のセンスを養うというのであれば、孤児院の子供たちが最高点をとるであろう、という主張する。
彼女は母親はもっと子育てにかかわるべきだと述べた。


For ordinary middle-class parents, less fancy state-run boarding schools are becoming more affordable: often they cost only a few thousand yuan a year. But even their future may be threatened. President Xi Jinping’s anti-graft drive is making it harder to secure a place in the best ones by using the once common methods of paying backhanders and pulling strings. These days having a child at a good state boarding-school can be a sign of corruption. No one wants that badge.
普通の中流階級の親にとってやや魅力を欠いた国営の寄宿学校がどんどん手に届くようになってきている。その年間費用はたった数千元というケースもよくある。しかし寄宿学校の未来は脅かされるのかもしれない。習近平総書記の反汚職運動のおかげで、賄賂を払いコネを使うといったような、かつて普通に横行していた入学のやり口が通用しなくなってきているのだ。今の時代、子供をいい国営の寄宿学校にいれるのは汚職のサイン、なのかもしれない。そしてだれもそのようなレッテルは欲しくない。

来週から職場復帰です

なんで、こちらのサイトも再始動させます。



ずっと停滞しているのに、きてくださり、ありがとうございます。

がんばりますので、よろしくお願いします。

停滞中ですが

復活しますのでおまちくださいー

 

寝かせたはずの双子の一人が上の部屋でないていますーヒーー!!!!

 

法的予防策 Jun 30th 2015

Legal prophylactics


When a relationship ends, who has rights over the embryos created together?
関係が終わったとき、胚の権利は誰に?
 
IN 2010 Jacob Szafranski and Karla Dunston decided to undergo in vitro fertilisation (IVF) to create and freeze embryos together. After the couple broke up, Mr Szafranski sued Ms Dunston to prevent her from using their three frozen embryos. Ms Dunston, rendered infertile from chemotherapy treatments, filed a counterclaim seeking sole custody and control over the embryos so that she may one day have children. This month an Illinois state appeals-court affirmed a circuit-court ruling in favour of Ms Dunston. Because the couple never signed a contract specifying who controlled the embryos, the court found Mr Szafranski agreed to allow Ms Dunston to have his child when he provided his sperm to fertilise her egg. 
2010年、ジェイコブ・スザンフランスキーとカーラ・ダストンは体外受精をする決意をし、結果凍結胚ができた。この二人の関係が終わった後、スザンフランスキーはこの凍結胚を勝手に使わせないよう、ダストンを相手取り訴訟をおこす。化学療法のため子供のつくれない体のダストンは、いつか子供を持てるよう凍結胚の独占的な権利をもとめて反訴に出る。今月、イリノイ州上訴裁判所は、ダストンに有利な巡回裁判所の制定を支持した。このカップルは誰が胚を管理するかについて特に契約を交わしていなかった。従ってスザンフランスキーが卵子を受精させるために精子を提供した時点で、彼女が彼の子供を妊娠することを許可した、とみなしたのだ。
 
“Had Jacob wanted to preserve his ability to later veto Karla's use of the pre-embryos,” writes Justice Laura Liu, an appellate judge, “the time for expressing that condition was when he accepted Karla's offer. All he would have been required to say is: yes, he would donate his sperm, but that he wanted Karla to seek his consent before attempting to use any resulting pre-embryos.” But because Mr Szafranski never formally expressed his reservations in advance, either orally or in writing, Ms Dunston was entitled to have his child. 
ジェイコブ・スザンフランスキーが胚の独占的な使用管理権を握りたかったのであれば、ダストンの願いを受け入れた時に、その条件をつきつけるべきだったのだ、と控訴裁判所の長官、ローラ・リウ氏は言う。”精子は提供する。しかし結果として生ずるいかなる初期胚を使用する前にスザンフランスキー了解をえること。”と伝えさえすればよかったのだ。しかしスザンフランスキーは口頭でも書面でも、正式に前もってこの条件を提示していなかったため、ダストンは彼の子供をもつ権利を得たのだ。
appellate:上訴の、上告の
reservation:条件 

As couples increasingly seek medical help to solve fertility problems, legal tussles over embryos will only become more common. If the Illinois ruling survives an appeal to the state’s high court, it could set a precedent. If partners fail to stipulate—either orally or in writing—what should happen to their embryos in the event of a dispute, either party may later be allowed to use the embryos over their partner’s objection. 
不妊治療を受けるカップルが増えるとともに、胚をめぐる法廷闘争がより日常のものとなるだろう。もしイリノイ州の判決を国の最高裁判所が認めれば、これは判例となる。もし、口頭にせよ書面にせよ、カップルが争うことになったときに胚をどうするのかということを決めておかないと、どちらか一方が他方の反対を押し切って胚を使用することが認められることになるかもしれないのだ。
 
Illinois is one of at least 14 states that have been asked to resolve disputes over embryos. The most famous case so far is in California, where earlier this year Nick Loeb, a businessman, sued Sofia Vergara, a Hollywood actress and his ex-fiance, over the rights to frozen embryos they created together. (The case is ongoing.) In deciding who gets custody, courts have been weighing several factors. If both parties agree to a contract, this largely dictates the outcome. In the event there is no contract, a court in Iowa ruled that both parties must provide consent in the use of any embryo. Other courts have considered the evidence under a “balancing-of-interests analysis”. Here judges look at the facts of the case to determine who has the more compelling argument, the partner who wants a child or the one who doesn’t.
 イリノイ州は,胚を巡る法廷抗争を解決を求められた少なくとも14の州の一つだ。これまでで一番有名なものは、カリフォルニアで今年のはじめに起こったケースだろう。このケースはビジネスマンであるニックローブがハリウッド女優でもあり彼の元婚約者であるソフィアバーガラを、両者の間にできた凍結胚をめぐって訴えたというものだ。(しかもこの争いはいまだ未解決)親権を決めるにあたり、裁判所はいくつかの要因を考察した。もし両者が契約に同意すれば、これが結果を大きく左右する。もし、契約書がない場合には、両者はどの胚の利用においてでも互いの同意を得なければいけないと、アイオワの法廷は裁決した。他の裁判所は、「利益の均衡分析」の下で証拠を考察した。ここでは、裁判官はどちらがより説得力ある議論を展開し、子供を欲しているのはどちらか、を決定するのに事実を追うのだ。
weigh:熟考する
 
Kim Mutcherson, who teaches “Bioethics, Babies & Babymaking” at Rutgers School of Law-Camden, says that the Illinois ruling could set an awkward precedent. She argues that because most people assume their embryos will remain in a deep freeze if their relationship falls apart, a proper legal default when there is no written contract would be to require mutual consent to use an embryo. The ruling in Illinois, however, presumes that if you create an embryo, you have also given your partner the right to use it unless you clearly express otherwise. “I think the court gets it really wrong here,” Ms Mutcherson says.

Rutgers School of Law-Camdenで「生命倫理、赤ちゃん及び子作り」について教えているキム・マッチャーソンはイリノイ判決が微妙な判例となるのでは、と言う。「多くの人は関係が終わったとしても、自分達の胚が深く凍結されたままであろうと思ういこむ。従って、もし書面による契約がない場合は適切な法律の初期化として、胚を使用するにあたっての双方の合意が要求されるべきなのだ」とマッチャーソンは主張する。しかし、イリノイの判決は、胚作成後、はっきりと明言しない限り、パートナーにそれを使用できる権利をも与えてしまうことを意味するのだ。「この裁判の判決は本当にまちがっている」とマッチャーソンは言う。

The Illinois Supreme Court may agree to take this case, so the fate of the embryos created by Mr Szafranski and Ms Dunston remains uncertain. Regardless of what happens, however, legal contracts are clearly a necessary feature of any procedure involving the freezing of embryos. Many fertility centres, such as the one visited by Mr Szafranski and Ms Dunston, advise their patients to consult a lawyer. But only one of the six largest centres in the Chicago area requires a contract between the couple in order to proceed with IVF. Others would be wise to follow suit.   
イリノイ最高裁判所もこのケースを扱うであろうからジェイコブ・スザンフランスキーとカーラ・ダストンの胚の運命はまだどうなるかわからない。しかしいずれにせよ、凍結胚作成に伴ういかなる工程において、法律上の契約は明らかに必要なものだ。スザンフランスキーとダストンが訪れたような不妊治療センターの多くは、患者達に弁護士と相談するようアドバイスする。しかしシカゴにある6つの大センターのうちIVFをはじめるにあたりカップル間の契約書を必要とするセンターはたった一つだ。他のセンターも後に続いた方が賢明である。
follow suit:後につづく

 

【番外編:TIMEより】来る北朝鮮との対峙 Sept. 15, 2016

time.com

On Sept. 9, North Korea violated international sanctions by conducting its fifth underground nuclear test, apparently its most powerful to date, and some experts say another test explosion may well be in the works. Washington wants Beijing, which has grown frustrated by Pyongyang’s defiance, to apply more pressure. South Korea has warned that it would respond to preparations for a nuclear attack by flattening Pyongyang.

9月9日、北朝鮮は国際協定(一連の安保理決議と核の不拡散体制か)を破り、通算5回目、過去最大規模とみられる地下核実験を行った。次の核実験も予定されているとみる専門家もいる。アメリカ政府は北朝鮮の挑発に苛立つ中国に圧力をかけてほしいところだ。韓国は北朝鮮が核攻撃の兆候をみせた時には集中攻撃すると警告した。

sanction: 1.[USUALLY PLURAL] an official order to stop communication, trade, etc. with a country that has broken international law 2.official permission for taking action 3.a threat to punish someone for breaking a rule

in the works:〈米話〉進行中で、予定されて、準備中で、製作[せいさく][制作中]で

This test marks one more step toward the day when no one will be able to believe that the problem can be managed with another round of sanctions. We’ve had five sets of those from the U.N. already, and Kim Jong Un’s scientists are still hard at work on making a nuclear warhead small enough to mount on a ballistic missile. That would make it possible for North Korea to launch a nuclear attack on its neighbors–and perhaps on the U.S. There are conflicting estimates of when that day will come, but when it does, it will force the U.S. and China to choose among bad options.

この実験は、制裁ではもうどうしようもない、と誰もが考える時点にまた一歩近づいたことを示す。国連はすでに5回も制裁を行ったが、それでも金正恩の科学者たちは弾道ミサイルに搭載できる核弾頭の開発に勤しんでいる。この弾道ミサイルは北朝鮮近隣はおろかアメリカさえも攻撃することが可能であるようだ。同ミサイルがいつ完成するのか意見は分かれるところだが、その日がきたらアメリカと中国はもうおだやかな手段には頼ってなどいられないだろう。

 ballistic missile:弾道弾

 

There is consensus among all the relevant players–the U.S., China, South Korea and Japan–that Kim’s regime threatens the security of all these countries. It’s China that matters most, of course, because it’s the source of most of North Korea’s trade, food, fuel and finance. Beijing appears to have little remaining sympathy for Pyongyang’s position. But North Korea and China both know that a Korean conflict would flood China with millions of sick and starving refugees at a delicate moment for China’s slowing economy. That undermines Beijing’s ability to force North Korea’s leaders to change course.

アメリカを始め、中国、韓国、そして日本の関係各国は金体制が同国々に脅威を及ぼすであろうということで意見が一致している。もちろん、一番やっかいな立場に置かれるのは中国だ。同国は北朝鮮の最大の貿易国で食料、燃料そして外貨の資源元なのだ。中国は北朝鮮の状態にもう同情はしてないようにみえる。しかし、朝鮮半島における紛争が加熱すると、経済成長が停滞気味である微妙な時期の中国に、何百人もの病気で飢えた難民たちが押し寄せることを両国は知っている。このせいで、中国は北朝鮮のトップたちに行動を是正するよう強く出れないのだ。

 And it reveals why the unity of outsiders remains useless. How should these countries respond to this latest North Korean provocation? There is no good cause for hope that diplomats will be able to do more than kick this can farther down the road. Sanctions haven’t made much difference. Sabotage the regime by creating unrest inside the country? That’s a high-risk strategy with little chance of success. Launch a surprise military attack to change the regime? That risks a shooting war with one of the largest standing armies in the world–with Seoul, a city of 10 million, well within firing range. The easy course is still to condemn, issue a threat, offer a bribe and delay the reckoning.

そして、これがなぜ国外者の集まりが役に立たないかを説明する。どうやってこの北朝鮮の最新の挑発に応えるべきか?問題をさらに先送りするより上い対策を外交官が行うという期待はもてない。制裁措置はもうあまり効かないないだろう。北朝鮮内で混乱を巻き起こして体制破壊をこころみるか。この戦略はハイリスク・ローリターンだ。奇襲攻撃でもって体制をくつがえすか。しかし、これは世界最大の常備軍の一つをもつソウルとの戦争の可能性を意味する。ソウルは人口100万人の都市であり、十分射程距離内なのだ。一番簡単な方法はやはり、非難し、脅かし、金をちらつかせ、処罰を遅らせることである。

 kick the can down the road:問題を先送りする 

standing army:常備軍

 This strategy gives North Korea time to expand its capabilities. Unless outsiders find a way to undermine Kim’s regime from within, he will one day have the capacity to kill millions of people in a matter of hours. The next U.S. President must prepare for the moment when a tough choice will need to be made quickly. Only then can unity of opinion create unity of action.

しかし、このようなやり方で対応している間に北朝鮮は武力能力をあげる。金政権を内部から崩す方法を見つけない限り、いつか彼は何百人もの人を数時間で殺せる能力をもつだろう。次期米大統領は厳しい選択を迫られたときに備えて準備をしておかねければならない。そのときになって初めて、意見の一致が団結を生み出すのだ。

クラッシュテスト中 Oct 29th 2016

Recent attacks on the internet could be a prelude to far worse ones

 

“SOMEONE is learning how to take down the internet.” This was the headline of a blog post Bruce Schneier, a noted cyber-security expert, wrote in mid-September. It looked prescient when, on October 21st, Dynamic Network Services (Dyn), a firm that is part of the internet-address system, was disrupted by what is called a “distributed denial of service” (DDoS) attack. (Essentially, a DDoS floods servers with requests until they can no longer cope.) For hours, hundreds of sites were hard to reach, including those of Netflix, PayPal and Twitter.

「インターネットを破壊しようと模索している奴がいる」これは有名なサイバーセキュリティー専門家ブルース・シュナイアーが9月中旬に書いたブログエントリーの見出しだ。10/21、インターネットアドレスシステムの一部を担う企業Dynが分散型サービス妨害(DDoS攻撃)と呼ばれる攻撃を受けたのだが、この見出しはまるでそれを予見していたかのようだった。(DDoS攻撃とは接続要求を放出し続け、サーバーがパンクし処理できなくさせるというもの)何時間もの間、Netflix, PayPal and Twitterなど何百というウェブサイトがアクセスしにくくなった。

take down:

prescient:予知する、先見の明がある

The attack on Dyn was only the latest in a string of similar ones. On September 20th, for instance, the victim was Brian Krebs, an American journalist who often reports on internet criminals. The server where he hosts his blog became the target of one of the largest DDoS attacks on record (it was bombarded with data equivalent to almost half a percent of the internet’s entire capacity). Most of the other recent digital assaults, however, were more discerning—as if the attacker “were looking for the exact point of failure,” Mr Schneier wrote in his blog post.

Dynへの攻撃は同様のアタックの最新のものにすぎない。例えば9/20、ネット犯罪に関する内容を発信し続けるアメリカ人ジャーナリスト、ブライアン・クレブスが被害にあった。彼がブログを設けるサーバーが史上最大のDDoS攻撃のターゲットになったのだ。(なんとこの時、インターネット全容量のおよそ半分に相当するデータが送り込まれたのだ)しかし最近起こったデジタル襲撃はより洞察力があるものが多い。「あたかも、攻撃する側が正確に相手の弱点をつきとめようとしている様な感じであった」とシュナイアーは描写した。

on record:記録的な

discerning:

 

It is not clear who the attackers are, although security analysts suspect they are either Chinese or Russian. At any rate, all the attacks used the same software, called Mirai, whose source code has been leaked online. It mainly scours the internet for devices such as webcams, digital video recorders and home routers in which easy-to-guess factory-set passwords (“12345” or even “password”) have not been changed. The program then turns those it can gain access to into a huge army of digital slaves that can be directed to inundate targets with requests. Shortly after the attack on Dyn, XiongMai Technologies, one of the biggest makers of webcam components, announced it would recall some products and provide owners of others with software updates to improve security.

これらのサイバー攻撃の犯人は中国人もしくはロシア人だろうとセキュリティアナリストは推測するが、明白にはなっていない。いずれにせよ、このDDOS攻撃では全てにおいてMiraiと呼ばれるソフトが使われ、そのソースコードはネット上で流出している。Miraiは主に、推測しやすい、工場出荷時にセットされたパスワード(12345や”password”であることも)が未だ変更されていないウェブカムやデジタルビデオレコーダー、ホームルーターなどを探しまわる。次にMiraiはアクセスできるようになったこれらデバイス(IoTデバイス)を、ターゲットに大量の接続リクエストを送りつけるデジタルスレイブへとかえる。Dynへの攻撃直後、ウェブカムコンポーネントの巨大メーカーの一つXiongMai Technologiesは、同社の一部の製品をリコールし、他の製品についてはセキュリテイを改善するソフトウェアを提供すると発表した。

  scour:磨く/あたりを探し回る

This may help, but not much can be done in the short run other than to appeal to owners of internet-connected devices to change their passwords. To fix the problem properly, Mr Krebs argued in a blog post, the makers of such devices, collectively called the “internet of things” (IoT), would all have to recall vulnerable systems and change their careless approach to security. Since this is unlikely to happen, regulators may have to step in. Indeed, the European Commission is already working on legislation to require better security in IoT devices. Lawsuits against negligent device-makers would also help.

 この方法でも多少効果はあるだろうが、インターネット接続機器使用者にパスワードを変更するよう訴える以外、当面は効力があるものはないだろう。この問題をきちんと解決するためには”モノのインターネット"(IoT)と総称されるデバイスメーカーが脆弱なシステムを回収し、セキュリティに対するあまい認識を変えなければいけない、とクレブスは自身のブログでいう。だがそれは難しいようなので、当局による介入が必要かもしれない。実際、欧州委員会はすでにIoTデバイスにおいてよりよいセキュリティを求める法律に取り組んでいる。また、セキュリティに対策を怠ったデバイスメーカーに対する訴訟も役にたつだろう。

 the European Commission:欧州委員会(EU下の組織の一つ)

As for the goal of the attacks, it could be something other than to take down the internet. Many fret that such virtual weapons could be turned to full blast just before or on November 8th, when America will elect a new president and House of Representatives, and also many senators and state governors. A DDoS could not paralyse voting machines, for hardly any of them are connected to the internet. But striking all kinds of websites, from those of online media to the government’s, could spread chaos—and the feeling that the elections are somehow being “rigged”.

サイバー攻撃の目標はインターネットの破壊ではないのかもしれない。新大統領、下院議員、上院議員、そして知事が選出される11/8もしくはその直前にサイバー攻撃は最高潮になるかもしれない、と多くは心配する。DDoS攻撃は投票計算機自体を麻痺させることはできない、というのはそれらのほとんど多くはネットにつながっているわけではないからだ。しかし、オンラインメディアから政府のものまであらゆるウェブサイトが攻撃されると混乱が広がるだろう。そして、選挙が何かしら操作されたのでは、という疑惑も。

大いなる安定 Oct 29th 2016

 

www.economist.com

The greatest moderation

Has any country ever grown as repetitively as China?

未だかつて中国ほど反復的な経済成長をみせた国があっただろうか?

 great moderation:《the ~》《経済》大平穏期◆国民総生産やインフレなどの経済指標の変動が小さい期間。

 

ON OCTOBER 19th China reported that its economy grew by 6.7% in the third quarter. It would have been an unsurprising, reassuring headline, except that China had reported exactly the same figure for the previous quarter-and for the quarter before that. This freakish consistency invited the scorn of China’s many “data doubters”, who have long argued that it fudges its figures. China has expanded at the same pace from one quarter to the next on numerous occasions. But it has never before claimed to grow at exactly the same rate for three quarters in a row.

10月19日、中国は第3四半期に6.7%の経済成長をとげたと発表した。予想通りの良いニュースである、同国が第1、第2四半期にもまったく同じ数字を発表しているという点を除けば。この驚くべき一貫性は同国の”データ懐疑者”から非難をされた。彼らは中国が数字をでっちあげてきた、と長年主張している。同国が2四半期連続で全く同じペースで成長したことは何度もあった。しかし、今まで3四半期連続同じ成長を発表したことは今まで一度もなかった。
fudge:でっちあげる

Has anywhere? This growth “three-peat” is not entirely without precedent. Seven other countries have reported the same growth rate for three quarters in a row, according to a database spanning 83 countries since 1993, compiled by the Economist Intelligence Unit, our sister company. The list includes emerging economies like Brazil, Croatia, Indonesia, Malaysia and Vietnam, but also two mature economies: Austria and Spain. Indeed, Spain has performed this miracle of consistency twice. It grew by 3.1% (year-on-year) in the first three quarters of 2003 and by 4.2% in the first three quarters of 2006. Those were the days.
でも今までそのような国はあっただろうか?といってもこの”三連覇”は全く前例がないわけではない。弊誌の姉妹会社であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニットが1993年に83カ国について調査した結果によると、他の7カ国で3期連続同成長率、というのは報告されているのだ。この7カ国はブラジルやクロアチアインドネシア、マレーシアといったの新興国だけでなく、オーストリア、スペインといった先進国も含まれている。実際、スペインは奇跡の連続三連覇を2回起こしたのだ。まず、2003年、第1から第3四半期には連続対前年比3.1%、そして2006年の最初の3四半期は4.2%成長した。この頃のスペインはよかった。

three-peat:三連覇
(year-on-year)対前年比の
Those were the days.あのころはよかった

Contrary to popular belief, China’s GDP statistics have not always been unusually smooth. Since 1993, the average gap between one quarter’s growth and the next has been (plus or minus) 0.77 percentage points (see table). Fourteen countries, including America, have reported a smaller average gap. But in recent years, the zigzags in China’s growth have been less pronounced. Since 2012 only France and Jordan have enjoyed more stable growth (as measured by statistical variance, a common measure of volatility) and only Indonesia has recorded a smaller average gap between one quarter’s growth and the next.

 ところで、一般的に信じられているのとは反対に、中国のGDP成長率はいつも例外的になだらかだったのではない。1993年以降、四半期間の平均的な差はプラスマイナス0.77%ポイントだった。アメリカを含む14カ国の国がより小さな差を報告している。しかし近年、中国成長の変化が目立たなくなってきた。2012年以降は、(標本分散という変動性を計る一般的な方法により評価されたのだが)フランスとヨルダンのみがより安定した成長をみせている。また、それよりも小さい2四半期間の差を報告したのはインドネシアだけだった。 

Either China’s policymakers are newly successful at stabilising growth or its statisticians are newly determined to smooth the data. But if the number-crunchers are to blame, one wonders why they do not try harder to hide it.

 最近になって同国の政治家が経済成長安定化に成功し続けているのか、はたまた統計学者がデータを改竄することに決めたのか。しかし、もし統計学者の仕業であるなら、なぜそれを隠そうと努力しないのだろうか。