読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Economist 日本語訳

Economistは英語学習に非常に役に立ちます。Economistの日本語訳サイトは少なく、または有料なものが多いので、自身の勉強のために、記事を翻訳することにしました。 現在英検1級、TOEICは930(2014)。乳飲み子ツインズ、幼児を1人抱えてますが、英語、極めれるよう努力するのみ。

ハリケーン・マシューのもたらした惨状が人為的ミスにより悪化 Oct 15th 2016

The misery of Hurricane Matthew is deepened by human failure

Why Haiti did worse than Cuba in protecting its people

自国民を守る点において、なぜハイチはキューバに比べて劣ったのか

 

THE scene is appallingly familiar: entire towns in ruins; thousands of people without food, water or shelter; clothes and belongings strewn across the landscape; the dead buried in mass graves. Nearly seven years after an earthquake wrecked Haiti, killing perhaps 200,000 people, disaster has struck again. This time it was wind and waves that brought devastation.

その光景には怖いほど見覚えがある。町のすべては全壊し、幾千もの人々が食べ物も水も避難所もない生活を余儀なくされている。服や家財は辺り一帯に散乱し、埋まっている死体で合同墓地と化している。20万人の犠牲者を出したハイチ地震からおよそ7年後、またもや災害が同国を襲った。今回惨状を引き起こしたのは暴風と波だ。

in ruins:廃墟となって、荒廃して、破滅して
strew:ばら撒く

 Hurricane Matthew made landfall close to Haiti’s westernmost point, ripping across the Grand’Anse region before heading back into the Caribbean. The town of Jérémie, home to about 30,000 people, has been largely destroyed; perhaps 1,000 people have died.

ハリケーン・マシューは、ハイチ最西のグランダンス地域を真っ二つに引き裂いてカリブ海へ進路を戻した。およそ3万人が住む都市、ジェレミーは大部分を破壊され、約1千人の死者を出した。
landfall 山崩れ、地滑り、〔台風の〕上陸、陸地接近, 圧勝
westernmost 最西の

 

Like Jérémie, Baracoa in Cuba was devastated by Matthew’s winds of about 225kph (140mph). But unlike Jérémie, no deaths have been reported in Baracoa. Cuba’s communist government has a well-rehearsed drill. State-controlled media warn residents for days of approaching hurricanes; schools are closed and turned into shelters. State-owned buses are dispatched to evacuate residents. Local party snoops, known as the Committee for the Defence of the Revolution, with representatives on every block, make sure the elderly or infirm are not left behind.

一方、ジェレミーと同様にキューバのバラコアもマシューの時速225km(時速140mile)の風により酷い被害を被った。しかしジェレミー市とは違い、バラコアでは死者は未だ報告されていない。キューバ共産主義政権は、丹念に準備された手順があるのだ。国営のメディアは住人にハリケーンが接近する時期を警告する。学校は閉鎖されシェルターとなる。国営バスが住人の避難のために送り込まれる。革命防衛委員会と知られる地域政党の世話焼きが代表と共に全地区を訪ずれ、老人や病人が取り残されないように計らう。

In contrast with Cuba’s authoritarian state, Haiti’s government barely functions. The infrastructure is poor, with few solid buildings. Haiti’s media are chaotic. High crime rates mean residents refuse to leave their homes unattended.

キューバ権威主義政府とはうってかわって、ハイチ政府はほとんど機能していない。インフラは整っておらず、堅固な建物も少い。同国のメディアは混乱しているし、高い犯罪率は住人が家から離れたがらないことを物語っている。 

authoritarian state 権威国家、権力国家

 “We knew it was coming, but we didn’t know what to do,” says Alexis Bernard, a 22-year-old man, sitting in the ruins of his now roofless house in the hamlet of Torbeck. Haunted by the earthquake of 2010, he feared being buried under falling masonry. He and 12 other members of his family, including a baby girl, spent the worst hours of the storm in the open. They survived with only minor injuries.

「ハリケーンがくることは知っていたけど、何をしたらいいのか分からなかった」屋根がなくなり廃墟と化した自宅に佇むトブレック村の22歳の男性、アレクシス・バーナードは言う。2010年に同国を襲った地震の影響により、彼は崩れてくる煉瓦の埋もれることを恐れていた。赤ちゃんの女の子を含む12名の彼の家族はもっともひどい嵐の中を屋根無しですごさなければならなかった。彼らは少し負傷しただけで助かった。

hamlet 村落

 Haiti’s interim president, Jocelerme Privert (elections to choose his successor were again postponed after the hurricane) says his government did its best: “We undertook an extensive campaign to make people aware, to mobilise them, to alert them to move away from the zones at risk. Had we not undertaken this I fear we would be looking at a higher death toll.”

同国政府は全力をつくした、とハイチ暫定大統領ジョスレム・プリヴェール(彼の後継者を選出する選挙はハリケーンのあとまたもや延期になった)は言う。「我々は人々がハリケーンの情報を得、準備し、一致団結させ、危険地帯から非難するよう警告するなど広範囲に及び働きかけた。。もし我々がこのように動かなかったら、死者数はもっと高くなっていただろう」

 The aftermath of Matthew may prove even worse. Mr Privert has warned of the risk of “widespread famine”. The UN says 1.4m people need immediate assistance. One big worry is the spread of cholera, which the UN inadvertently brought to Haiti when Nepalese peacekeepers, infected with the disease, were deployed following the earthquake. About 10,000 Haitians have died of cholera since then. Much of the water supply in the hurricane-struck region risks being contaminated.

ハリケーン・マシューが去った後状況はさらに悪いものかもしれない。プリヴェール大統領は広範囲に及ぶ飢饉の可能性を警告してきた。1400万人の人々が緊急に援助を必要としている、と国連は言う。大きな懸念事項のひとつはコレラの蔓延だ。これは地震国連が、同病を患ったネパール人平和維持部隊員をうっかり派遣した時にもたされた。その後およそ1万人のハイチ人がコレラで亡くなった。ハリケーンに襲われ給水援助が必要な地域の多くにコレラが蔓延する恐れがある。

 Lewis Lucke, a former head of USAID in Haiti, notes another problem: unlike the earthquake, which destroyed buildings, the storm damaged fishing boats and agriculture. That leaves a large part of the country unable to fend for itself. Take Grand’Anse: it had recently been the source of some optimism, following the building of a new road and the arrival of mobile-phone coverage. Banana and cocoa plantations were beginning to flourish. Much of that has gone.

アメリカ合衆国国際開発庁トップ、ルイス・ラッケは別の問題を指摘する:建物を破壊する地震とは違い、ハリケーンは漁船や農業にダメージを与える。つまり、ハイチの大部分の生活手段を奪うことになる。グランダンスの例をみてみよう。ここは近年希望の光の元であった。あたらしい道路が作られ、携帯が使われるようになった。バナナとココアのプランテーションが盛んになりはじめていた。こうしたものの多くはなくなってしまったのだ。

A costly mistake May 19th 2015

www.economist.com

Energy subsidies do not just gobble money. They help cook the planet too
エネルギー助成金は金を食潰すだけにとどまらず、地球温暖化を加速する

BIG mistakes in economic policymaking abound. But it would be hard to find a worse one than energy subsidies. Recent research has shown that they enrich middlemen, depress economic output and help the rich, who use lots of energy, more than they do the poor.
経済政策を決定する上で大きな間違いはたくさんある。しかし、エネルギー助成金ほど、まずいものはないだろう。最近の調査によると、このような助成金は中間業者を儲けさせ、経済生産高を落ち込ませ、貧しい人を、というよりはエネルギーを大量に使用する金持ち達の手助けをするのだ。
economic policymaking:経済政策
energy subsidy:エネルギー助成金
economic output:経済生産高

But now a new working paper by the International Monetary Fund highlights another cost too: damage to the environment. Including this, the authors reckon that the total drag on the global economy caused by fuel subsidies now amounts to a stonking $5.3 trillion each year, or 6% of global GDP?more than world spends on health care. Poorer countries dole out the largest amount of subsidies; some spend up to 18% of their GDP a year on them. The lion’s share goes to coal, the most polluting fuel. By contrast renewable-energy subsidies, mainly given out in the rich world, amount to a mere $120 billion. And they would vanish if fossil fuels were taxed properly.
しかし現在、IMFによる最新の監査調書によって新たな代償が浮かび上がってきている:環境破壊。これを考慮にいれると、燃料補助金が引き金となった世界経済の全体にのしかかる重荷は現在毎年53兆ドルもしくは世界総GDPの6%に相当すると著者はみてえる。これは世界中で費やされている健康保険料金以上になる。より貧しい国が助成金の多くを自国に配る。この助成金の大部分がもっとも大気を汚染する燃料である石炭にあてがわれる。一方、主に豊かな国で取り入れられている再生可能エネルギーのための助成金はたった120億ドルほどである。そしてこの助成金化石燃料が正当に課税されれば、消えてしまうだろう。
dole out:~を(少しずつ)人に与える、~を施しものとして分ける
stonking:[形]*1とびきりの,すばらしい.
working paper:監査調書

Defining subsidies is tricky. The simplest measure is the amount of taxpayers’ money used directly to keep a price artificially low. A broader one includes the costs borne by others, such as pollution, and exemptions from taxes. The IMF uses the wider definition to reach its $5.3 trillion figure. Seen more narrowly, the cost would be $333 billion. But this is only lower than last year because of falling oil prices.
助成金を定義するのは難しい。一番シンプルな尺度は価格を人為的に低くするのに直接用いられる納税者のお金の額だ。広義の尺度となると汚染などほかの人たちが負ったコストや免税も含まれる。IMFは5.3兆ドルという数字をたたき出すのに、このより広い定義を採用している。もっと狭い尺度でみれば、コストは3330億ドルだろう。しかし、これは、下落する石油のため、昨年より低いだけだ。

A previous study in 2013 reckoned that the overall damage, including environmental costs, was $2 trillion. The much higher estimate released this week reflects more thorough study of the other health and environmental costs of subsidising fossil fuels. These include the costs of congestion and premature deaths caused by poor air quality, the long-term impact of global warming and the effects of extreme weather such as floods and storms. It estimates the long-term damage done by a tonne of CO2, for example, at $42. Many green-minded people think that figure (borrowed from the American government) is too low. But some economists argue that the inclusion of hypothetical climate-change costs is too sweeping.
2013年の前回の調査によると環境コストを含む全体のダメージは2兆ドルだという。今週発表されたより高く予想された見積もりは、化石燃料助成金のよる、他の健康および環境的なコストの完全な調査を反映している。これらは、人口過密や汚染された空気を起因とする若死によるのコスト、地球温暖化の長期的な影響と異常気象(例えば洪水と嵐)の影響を含む。
多くの環境意識の高い人々は、このアメリカ政府から引用したこれらの数字を低すぎると考える。
しかし、仮説の気候変動によるコストの包括あまりに大雑把であると、一部の経済学者は主張する。
//green-minded people:環境意識の高い

Abrupt change is unlikely-making coal users pay its full cost would mean doubling prices. Subsidies attract a tenacious and vocal lobby. But the fall in the oil-price has provided a chance to cut subsidies. India, for example, has recently stopped using handouts to reduce the price of diesel. Egypt, Indonesia and Thailand are also reforming their subsidies. Ending them altogether, and taxing fossil fuels properly, the IMF reckons, would halve the number of deaths from outdoor air pollution, cut carbon-dioxide emissions by a fifth and save up to $2.9 trillion. It would also leave governments with lots of room to cut taxes, or increase spending on more useful things.
突然の変化はおこりそうにない。石炭を使うものにすべてのコストを負担させることは価格が二倍になるということだ。助成金は粘り強く率直にものをいうロビイストをひきつける。しかし石油価格の下落は助成金を削減するチャンスをあたえる。例えばインドはディーゼルの使用量を減らすために補助金を使うことをやめた。エジプト、インドネシア、そしてタイでは助成金を再構築してる。助成金を終わらし、化石燃料に適切に課税することにより大気汚染にいよる死者数を半分にし、二酸化炭素の排出量を5分の1削減し、2.9ytilionドルを節約することができるとIMfは考える。そしてこのことにより、政府に税を削減する、あるいはもっと有益なことに予算をつかえる余地ができるのだ。
//handout:【名】〔会議・講習会・授業などで配布する〕資料、サンプル、印刷物、ハンドアウト、プリント
ビラ、折り畳み広告/〔乞食への〕施し、施し物、お恵み/〈話〉〔政府が支給する〕補助金

*1:英略式