The Economist 日本語訳

Economistは英語学習に非常に役に立ちます。Economistの日本語訳サイトは少なく、または有料なものが多いので、自身の勉強のために、記事を翻訳することにしました。 現在英検1級、TOEICは930(2014)。乳飲み子ツインズ、幼児を1人抱えてますが、英語、極めれるよう努力するのみ。

大いなる安定 Oct 29th 2016

 

www.economist.com

The greatest moderation

Has any country ever grown as repetitively as China?

未だかつて中国ほど反復的な経済成長をみせた国があっただろうか?

 great moderation:《the ~》《経済》大平穏期◆国民総生産やインフレなどの経済指標の変動が小さい期間。

 

ON OCTOBER 19th China reported that its economy grew by 6.7% in the third quarter. It would have been an unsurprising, reassuring headline, except that China had reported exactly the same figure for the previous quarter-and for the quarter before that. This freakish consistency invited the scorn of China’s many “data doubters”, who have long argued that it fudges its figures. China has expanded at the same pace from one quarter to the next on numerous occasions. But it has never before claimed to grow at exactly the same rate for three quarters in a row.

10月19日、中国は第3四半期に6.7%の経済成長をとげたと発表した。予想通りの良いニュースである、同国が第1、第2四半期にもまったく同じ数字を発表しているという点を除けば。この驚くべき一貫性は同国の”データ懐疑者”から非難をされた。彼らは中国が数字をでっちあげてきた、と長年主張している。同国が2四半期連続で全く同じペースで成長したことは何度もあった。しかし、今まで3四半期連続同じ成長を発表したことは今まで一度もなかった。
fudge:でっちあげる

Has anywhere? This growth “three-peat” is not entirely without precedent. Seven other countries have reported the same growth rate for three quarters in a row, according to a database spanning 83 countries since 1993, compiled by the Economist Intelligence Unit, our sister company. The list includes emerging economies like Brazil, Croatia, Indonesia, Malaysia and Vietnam, but also two mature economies: Austria and Spain. Indeed, Spain has performed this miracle of consistency twice. It grew by 3.1% (year-on-year) in the first three quarters of 2003 and by 4.2% in the first three quarters of 2006. Those were the days.
でも今までそのような国はあっただろうか?といってもこの”三連覇”は全く前例がないわけではない。弊誌の姉妹会社であるエコノミスト・インテリジェンス・ユニットが1993年に83カ国について調査した結果によると、他の7カ国で3期連続同成長率、というのは報告されているのだ。この7カ国はブラジルやクロアチアインドネシア、マレーシアといったの新興国だけでなく、オーストリア、スペインといった先進国も含まれている。実際、スペインは奇跡の連続三連覇を2回起こしたのだ。まず、2003年、第1から第3四半期には連続対前年比3.1%、そして2006年の最初の3四半期は4.2%成長した。この頃のスペインはよかった。

three-peat:三連覇
(year-on-year)対前年比の
Those were the days.あのころはよかった

Contrary to popular belief, China’s GDP statistics have not always been unusually smooth. Since 1993, the average gap between one quarter’s growth and the next has been (plus or minus) 0.77 percentage points (see table). Fourteen countries, including America, have reported a smaller average gap. But in recent years, the zigzags in China’s growth have been less pronounced. Since 2012 only France and Jordan have enjoyed more stable growth (as measured by statistical variance, a common measure of volatility) and only Indonesia has recorded a smaller average gap between one quarter’s growth and the next.

 ところで、一般的に信じられているのとは反対に、中国のGDP成長率はいつも例外的になだらかだったのではない。1993年以降、四半期間の平均的な差はプラスマイナス0.77%ポイントだった。アメリカを含む14カ国の国がより小さな差を報告している。しかし近年、中国成長の変化が目立たなくなってきた。2012年以降は、(標本分散という変動性を計る一般的な方法により評価されたのだが)フランスとヨルダンのみがより安定した成長をみせている。また、それよりも小さい2四半期間の差を報告したのはインドネシアだけだった。 

Either China’s policymakers are newly successful at stabilising growth or its statisticians are newly determined to smooth the data. But if the number-crunchers are to blame, one wonders why they do not try harder to hide it.

 最近になって同国の政治家が経済成長安定化に成功し続けているのか、はたまた統計学者がデータを改竄することに決めたのか。しかし、もし統計学者の仕業であるなら、なぜそれを隠そうと努力しないのだろうか。