読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Economist 日本語訳

Economistは英語学習に非常に役に立ちます。Economistの日本語訳サイトは少なく、または有料なものが多いので、自身の勉強のために、記事を翻訳することにしました。 現在英検1級、TOEICは930(2014)。乳飲み子ツインズ、幼児を1人抱えてますが、英語、極めれるよう努力するのみ。

法的予防策 Jun 30th 2015

The Americas
Legal prophylactics


When a relationship ends, who has rights over the embryos created together?
関係が終わったとき、胚の権利は誰に?
 
IN 2010 Jacob Szafranski and Karla Dunston decided to undergo in vitro fertilisation (IVF) to create and freeze embryos together. After the couple broke up, Mr Szafranski sued Ms Dunston to prevent her from using their three frozen embryos. Ms Dunston, rendered infertile from chemotherapy treatments, filed a counterclaim seeking sole custody and control over the embryos so that she may one day have children. This month an Illinois state appeals-court affirmed a circuit-court ruling in favour of Ms Dunston. Because the couple never signed a contract specifying who controlled the embryos, the court found Mr Szafranski agreed to allow Ms Dunston to have his child when he provided his sperm to fertilise her egg. 
2010年、ジェイコブ・スザンフランスキーとカーラ・ダストンは体外受精をする決意をし、結果凍結胚ができた。この二人の関係が終わった後、スザンフランスキーはこの凍結胚を勝手に使わせないよう、ダストンを相手取り訴訟をおこす。化学療法のため子供のつくれない体のダストンは、いつか子供を持てるよう凍結胚の独占的な権利をもとめて反訴に出る。今月、イリノイ州上訴裁判所は、ダストンに有利な巡回裁判所の制定を支持した。このカップルは誰が胚を管理するかについて特に契約を交わしていなかった。従ってスザンフランスキーが卵子を受精させるために精子を提供した時点で、彼女が彼の子供を妊娠することを許可した、とみなしたのだ。
 
“Had Jacob wanted to preserve his ability to later veto Karla's use of the pre-embryos,” writes Justice Laura Liu, an appellate judge, “the time for expressing that condition was when he accepted Karla's offer. All he would have been required to say is: yes, he would donate his sperm, but that he wanted Karla to seek his consent before attempting to use any resulting pre-embryos.” But because Mr Szafranski never formally expressed his reservations in advance, either orally or in writing, Ms Dunston was entitled to have his child. 
ジェイコブ・スザンフランスキーが胚の独占的な使用管理権を握りたかったのであれば、ダストンの願いを受け入れた時に、その条件をつきつけるべきだったのだ、と控訴裁判所の長官、ローラ・リウ氏は言う。”精子は提供する。しかし結果として生ずるいかなる初期胚を使用する前にスザンフランスキー了解をえること。”と伝えさえすればよかったのだ。しかしスザンフランスキーは口頭でも書面でも、正式に前もってこの条件を提示していなかったため、ダストンは彼の子供をもつ権利を得たのだ。
appellate:上訴の、上告の
reservation:条件 

As couples increasingly seek medical help to solve fertility problems, legal tussles over embryos will only become more common. If the Illinois ruling survives an appeal to the state’s high court, it could set a precedent. If partners fail to stipulate—either orally or in writing—what should happen to their embryos in the event of a dispute, either party may later be allowed to use the embryos over their partner’s objection. 
不妊治療を受けるカップルが増えるとともに、胚をめぐる法廷闘争がより日常のものとなるだろう。もしイリノイ州の判決を国の最高裁判所が認めれば、これは判例となる。もし、口頭にせよ書面にせよ、カップルが争うことになったときに胚をどうするのかということを決めておかないと、どちらか一方が他方の反対を押し切って胚を使用することが認められることになるかもしれないのだ。
 
Illinois is one of at least 14 states that have been asked to resolve disputes over embryos. The most famous case so far is in California, where earlier this year Nick Loeb, a businessman, sued Sofia Vergara, a Hollywood actress and his ex-fiance, over the rights to frozen embryos they created together. (The case is ongoing.) In deciding who gets custody, courts have been weighing several factors. If both parties agree to a contract, this largely dictates the outcome. In the event there is no contract, a court in Iowa ruled that both parties must provide consent in the use of any embryo. Other courts have considered the evidence under a “balancing-of-interests analysis”. Here judges look at the facts of the case to determine who has the more compelling argument, the partner who wants a child or the one who doesn’t.
 イリノイ州は,胚を巡る法廷抗争を解決を求められた少なくとも14の州の一つだ。これまでで一番有名なものは、カリフォルニアで今年のはじめに起こったケースだろう。このケースはビジネスマンであるニックローブがハリウッド女優でもあり彼の元婚約者であるソフィアバーガラを、両者の間にできた凍結胚をめぐって訴えたというものだ。(しかもこの争いはいまだ未解決)親権を決めるにあたり、裁判所はいくつかの要因を考察した。もし両者が契約に同意すれば、これが結果を大きく左右する。もし、契約書がない場合には、両者はどの胚の利用においてでも互いの同意を得なければいけないと、アイオワの法廷は裁決した。他の裁判所は、「利益の均衡分析」の下で証拠を考察した。ここでは、裁判官はどちらがより説得力ある議論を展開し、子供を欲しているのはどちらか、を決定するのに事実を追うのだ。
weigh:熟考する
 
Kim Mutcherson, who teaches “Bioethics, Babies & Babymaking” at Rutgers School of Law-Camden, says that the Illinois ruling could set an awkward precedent. She argues that because most people assume their embryos will remain in a deep freeze if their relationship falls apart, a proper legal default when there is no written contract would be to require mutual consent to use an embryo. The ruling in Illinois, however, presumes that if you create an embryo, you have also given your partner the right to use it unless you clearly express otherwise. “I think the court gets it really wrong here,” Ms Mutcherson says.

Rutgers School of Law-Camdenで「生命倫理、赤ちゃん及び子作り」について教えているキム・マッチャーソンはイリノイ判決が微妙な判例となるのでは、と言う。「多くの人は関係が終わったとしても、自分達の胚が深く凍結されたままであろうと思ういこむ。従って、もし書面による契約がない場合は適切な法律の初期化として、胚を使用するにあたっての双方の合意が要求されるべきなのだ」とマッチャーソンは主張する。しかし、イリノイの判決は、胚作成後、はっきりと明言しない限り、パートナーにそれを使用できる権利をも与えてしまうことを意味するのだ。「この裁判の判決は本当にまちがっている」とマッチャーソンは言う。

The Illinois Supreme Court may agree to take this case, so the fate of the embryos created by Mr Szafranski and Ms Dunston remains uncertain. Regardless of what happens, however, legal contracts are clearly a necessary feature of any procedure involving the freezing of embryos. Many fertility centres, such as the one visited by Mr Szafranski and Ms Dunston, advise their patients to consult a lawyer. But only one of the six largest centres in the Chicago area requires a contract between the couple in order to proceed with IVF. Others would be wise to follow suit.   
イリノイ最高裁判所もこのケースを扱うであろうからジェイコブ・スザンフランスキーとカーラ・ダストンの胚の運命はまだどうなるかわからない。しかしいずれにせよ、凍結胚作成に伴ういかなる工程において、法律上の契約は明らかに必要なものだ。スザンフランスキーとダストンが訪れたような不妊治療センターの多くは、患者達に弁護士と相談するようアドバイスする。しかしシカゴにある6つの大センターのうちIVFをはじめるにあたりカップル間の契約書を必要とするセンターはたった一つだ。他のセンターも後に続いた方が賢明である。
follow suit:後につづく