読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Economist 日本語訳

Economistは英語学習に非常に役に立ちます。Economistの日本語訳サイトは少なく、または有料なものが多いので、自身の勉強のために、記事を翻訳することにしました。 現在英検1級、TOEICは930(2014)。乳飲み子ツインズ、幼児を1人抱えてますが、英語、極めれるよう努力するのみ。

中国のエリート寄宿学校 Apr 13th 2017


In a country where siblings are so rare, many see communal living as good for their offspring

一人っ子が大部分を占める国では、集団生活は子供のためになる多くの人が思う

CHINESE parents pride themselves on the importance they attach to education; it is, they say, the most important gift they can bestow on the next generation. That makes them all the more willing to shell out, if they can afford it, on expensive boarding schools which they believe will enable their children to concentrate fully on their studies. Poor families in the countryside pack their children off to board, too. But that is because they have no choice: daily commuting would be too expensive or arduous. In the cities, boarding schools are usually far grander. Attending them is more a badge of privilege than evidence of pragmatism.

中国人は教育重視であることを誇りに思っている。彼らがいうには、教育は次世代への一番重要ななプレゼント、ということだ。このため、可能であれば、彼らは進んで寄宿学校に金をはらう。寄宿学校では我が子たちが十分に勉強に集中できると彼らは信じているのだ。田舎の貧しい家庭も子供を下宿させる。しかしこれは選択肢が他にないからだ。通学はとてもお金がかかるか大変すぎるのだ。都会では寄宿学校は通常とても豪華である。このような寄宿学校に参加することは現実主義であることの証明というよりは特権の象徴なのである。


There is considerable demand for such urban schools. In many rich countries, parents often fret about sending their children away to board, partly because of the high cost and partly because these days many parents prefer to have their children with them. In China, by contrast, it is considered very normal for a couple to live apart from their child (they usually only have one). For urban boarders, the distance is seldom great: parents usually send their children to schools very close to where they live.
都会ではこのような寄宿学校の需要が非常に高い。多くの先進国では親はわが子たちを下宿させるをためらう。その理由として下宿にかかる高い費用、または子供をそばにおいておきたいという理由があげられる。対照的に中国では子供(通常一人っ子である)と離れて暮すことはきわめて普通である。都会では下宿先が遠いことはまれである、というのは通常、両親は子供たちを居住地の近くの寄宿学校におくりこむからだ。


Boarding school offers an alternative to foisting a child on grandparents, which parents often do, sometimes for days on end. It may be costly, but parents reckon that such schools can do more to help children study after class than the elders can at home. In a country where siblings are so rare, many also see communal living as good for their offspring. Some 3.5m children now board in cities, around 4% of the urban school population. The vast majority of them do so at high school (8% of secondary-school pupils board, compared with 1% of primary schoolers).
両親は、ともすれば何日も続けて子供を祖父母に押し付けるのだが、寄宿学校はそのかわりともなる。寄宿学校はお金がかかるかもしれない。しかし、祖父母が放課後子供たちの勉強をみるよりも、寄宿学校のほうがより子供の勉強にためになると考えるのだ。一人っ子が大部分をしめる国では、共同生活は子供のためとなる、と多くの人が考える。都会では約350万人もの子供が今下宿してる。これは都会の学生人数の約4%だ。そしてその大部分は高校製で下宿する(8パーセントは中学生で、1%は小学生で下宿)
foist;押し付ける
days on end:何日も続けて[やむことなく]


A few of the boarding schools court the country’s elite by offering to prepare children for admission to universities abroad (in China, foreign education is another much-desired symbol of privilege). The redbrick quadrangle of the recently built Keystone Academy in a suburb of Beijing resembles a boarding school in New England. The institution’s annual boarding fee of 360,000 yuan ($52,000) is higher than tuition at Harvard University.
いくつかの寄宿学校は海外の大学入学のための準備をオファーして中国のエリートを誘う。(同国では海外留学はまたひとつの望まれた特権のひとつなのだ)北京の郊外に最近建ったキーストーン・アカデミーの赤レンガの中庭を囲む形の建物はアメリカニューイングランドの寄宿学校にそっくりである。同寄宿学校の36万元という年間授業料はハーバード大学のそれより高い。
redbrick
quadrangle:四角形の


But the most expensive boarding schools may have had their heyday. Many parents with that much cash to spare would often prefer to send their children to board abroad: enrolments in American and British boarding schools are rising fast. Social trends are also changing. A wife who can afford not to work-and who has time to parent a child-is increasingly seen as someone who enjoys high status: traditional gender roles are making a comeback. In 2014 Yin Jianli, a popular author and former teacher, included an essay entitled “Boarding is a Bad System” in a book she wrote about education. It argued that if dorm-life really fostered the “sense of collectivism” that its proponents claim, then children from orphanages would score top marks. She said that mothers should be more involved in child-rearing.
しかし、もっとも高い寄宿学校はその絶頂期を終えたのかもしれない。そのような高い寄宿学校にお金を払うことができるような多くの親たちはえてして海外の寄宿学校にわが子たちをおくりこむ。アメリカやイギリスの寄宿学校への入学する子供の数が急速にふえてるのだ。社会動向も変わってきている。
働かなくてもよく、また子供の面倒をみることができる妻はますますハイステイタスであるようにみられるようになってきた。伝統的な男女の役割分担が戻ってきているのだ。2014年、人気作家で元教師のイン・ジアンリ氏は教育についての自著本で”下宿は悪しきシステム”というエッセイを載せた。もし寮生活がもしその支持者がいうように集団主義のセンスを養うというのであれば、孤児院の子供たちが最高点をとるであろう、という主張する。
彼女は母親はもっと子育てにかかわるべきだと述べた。


For ordinary middle-class parents, less fancy state-run boarding schools are becoming more affordable: often they cost only a few thousand yuan a year. But even their future may be threatened. President Xi Jinping’s anti-graft drive is making it harder to secure a place in the best ones by using the once common methods of paying backhanders and pulling strings. These days having a child at a good state boarding-school can be a sign of corruption. No one wants that badge.
普通の中流階級の親にとってやや魅力を欠いた国営の寄宿学校がどんどん手に届くようになってきている。その年間費用はたった数千元というケースもよくある。しかし寄宿学校の未来は脅かされるのかもしれない。習近平総書記の反汚職運動のおかげで、賄賂を払いコネを使うといったような、かつて普通に横行していた入学のやり口が通用しなくなってきているのだ。今の時代、子供をいい国営の寄宿学校にいれるのは汚職のサイン、なのかもしれない。そしてだれもそのようなレッテルは欲しくない。